京都日記

日記です

4/26 インターホン

研究室から自分の部屋の扉の前まで帰ってくると、ふとあることに気づく。

 

「そういえば自分の部屋のインターホンって押したことないな。」

 

世紀の大発見をしたような気持ちになり、押してみる。誰も出るはずがないとわかっていても、何度も何度も押してみる。