読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都日記

日記です

4/23 ややこしいキャラ

研究室生活が始まり、はや三週間。研究室の先輩や同回と仲良くなるため、各々の様々な個人的な情報を話題にしてきた。このような期間は、今後のその人のキャラを決定していくため大事な時期である。

 

今までに公開した情報で自分は以下のような人になっている。

 

桂キャンパスなのに吉田から通っている。下宿にプロジェクターがあり映画を見るのが趣味(とはいえジブリやメジャーな映画は見ていない)。革小物を調べるのが好き。好きな音楽は何かと聞くくせに、自身はサブカル。小学生の頃関西のけん玉大会でベスト8。球技は得意だが、ほとんど泳げない。木村文乃が好きで結婚時大ショックを受けた。高校生の時に好きな作家さんの読者会に行ったら女性99人男性1人(自分)だった。

 

こんなところだろうか。うーん確かにごちゃごちゃしててよくわからない。

今日お昼ご飯を研究室の人達と食べていると、

「中高部活なにやってたん?」

と聞かれたので、

「中学は将棋部で、高校はお喋り部という名の帰宅部です」

と答えると、

「え!?その肩幅で!?」

と言われた。何かスポーツをやっていたと思われていたらしい。

 

「本当にキャラがややこしいね」、もはや濃いとか薄いとかではなくややこしいである。ややこしいという意味で濃いならまだ良いが、ただただややこしいだけなら少し悲しい。

この状況で「昭和のアイドル好き」などカミングアウトしようものならどうなるのだろうか。日々そわそわしながら、「色々変な人」ではなく「少しつかみ所のない人」ぐらいのキャラを目指すこの頃である。