京都日記

日記です

6/14 名曲

私が聴いてくれる人のところに行って寄り添ったとしても、ほっぺたをくっつけるぐらいしかできない。だけどその人自身になれたら、一番その人の近くにいられると思うんです。つまりその人の鏡になりたいというか、究極的には私が歌ってなくてもいい、名曲と…

6/9 好きな歌詞③(ヤバT,吉澤嘉代子)

①ヤバいTシャツ屋さん 「ヤバみ」 曲の出だしで英語をむやみに使うバンドを否定したり、サビもヤバTらしいヤバい詩なのだが、何気に深い歌詞が混ざっている。 日本語の乱れがどうたらこうたら言うけど いつの時代でもおんなじ ふんいきよければそれで全然大…

5/24 誤解

昭和のアイドルが好きだと言うと、そう言う顔つきがタイプなんだねとよく言われる。 これは全くの誤解である。 石野真子は好きだが、可愛いとは言っても、彼女より顔つきが好きな人は今の芸能人にも、なんなら周りの人にも、たくさんいる。 コントをしたり歌…

5/20 絵三昧

散らかった部屋を片付け、家を出る。何気に自転車に乗るのがかなり久しぶりである。 それにしても良い天気である。 鴨川のほとりでよさこいサークルが、色とりどりなシャツを着て練習している。絵になる。 烏丸今出川で信号を待つ。爽やかな格好をした男女が…

5/18 素

研究室の机の上に石野真子の写真をおく。色々な人に誰かと聞かれるが、いかにもさらっと答えることで自分は変わっていないですよ感を出して行く。 勉強会の参考書に、「第5版1980年10月15日」と書いてある。 「あ、山口百恵の引退日」 と無意識に呟いてしま…

5/16 好きなひびきのことば②

この日記をつけだした頃に、ランキング形式で3つ好きなひびきのことばを書いたが、それから新たにいくつか出会ったのでここに書き留めておく。 ①つんつるてん 「つんつる」でもうすでにかわいい。「つん」に「つる」である、かわいくないはずがない。そして…

5/15② 手摘みぶどう

先日自販機でいろはすのぶどう味の炭酸水を買った。 帯の左にはこう書いてある。 長野県産 手摘みぶどうエキス入り 「手摘み」ぶどう。 「手摘み」。 これは果たしてアピールポイントになるのだろうか?「摘みたて」などの方が美味しそうではないか? そもそ…

5/15① METROCK

後輩に誘われて5/14にMETROCKに行った。 見たアーティストは、順番にキュウソ、SHISHAMO、Brian、Oral、ブルエンであった。バイト先の飲み会で先に抜けなければならなかったが、レキシとWANIMAも見たかったなぁ。 キュウソは聴き出してから初めてしっかり見…

5/14 母の日

さてさて明日は母の日である。 大学に入ってから、母の日に実家にいたことがなかったので、LINEでメッセージを送るぐらいだったが、今回は明日のメトロックのためにバイト後に実家に帰ってきた。 ということで、桂駅でプリザーブドフラワーを買ってきた。 涙…

5/12 日曜日はストレンジャー

石野真子の曲に「日曜日はストレンジャー」という曲がある。 めちゃくちゃざっくりいうと日曜日はお洒落なりして仮面をつけてアタックしちゃえ的な歌詞である。 「スペードばかり並んでいる 不吉なカード切りながら 悪魔になりたい」という詩が素晴らしいな…

5/7 GW

今年のGWは良いことも悪いこともあったが、毎日何かしら予定があったり突如入ったりで中々満足できたものになった気がする。 特に印象深いのが昨日今日である。 昨日は約1ヶ月ぶりのバイトから下宿に帰ったあと、11時過ぎに鴨ピクの場所取りをしている後輩か…

5/2 ガルボとおにぎりせんべい

GWの中日の影響であろう、いつもより少ない乗客の電車に揺られ桂キャンパスに着く。 今日が終わると連休と考えると、なかなかやる気が出ないもので、いつもは同室の准教授がいなかったこともあり、隣の長身イケメン君と話し出す。 あーやこーや話した後、好…

4/30 アイドル

奈良の高の原のイオンモールに石野真子のミニライブ&サイン会に行く。 30分ほど余裕を持って到着したが、五列ある座椅子は全て埋まっており、少し悲しい気持ちになる。しかし、来ている人を見るに当時のファンの方ばかりなので、立っているほうが見やすいこ…

4/29 散歩

徳島の母親の実家に母親と妹が法事で帰るということなので、自分も当然同行させてもらえるものかと思っていたが、実家で愛犬と留守番することになった。 とういうわけで先ほど近くまで散歩に行ってきた。自分は人と並んで歩く時、友達であろうと家族であろう…

4/26 インターホン

研究室から自分の部屋の扉の前まで帰ってくると、ふとあることに気づく。 「そういえば自分の部屋のインターホンって押したことないな。」 世紀の大発見をしたような気持ちになり、押してみる。誰も出るはずがないとわかっていても、何度も何度も押してみる。

4/23 ややこしいキャラ

研究室生活が始まり、はや三週間。研究室の先輩や同回と仲良くなるため、各々の様々な個人的な情報を話題にしてきた。このような期間は、今後のその人のキャラを決定していくため大事な時期である。 今までに公開した情報で自分は以下のような人になっている…

4/23 鴨川

朝の光で目がさめる。8時20分。布団を蹴り上げ、勢いよく飛び起きたが、なんてことはない、今日は日曜日である。安心して二度寝につこうとするも、寝つけず、仕方なく起きる。 眼鏡をつけ、窓の外に目を見やる。 天気記号が空に浮かぶような快晴である。 こ…

4/22 知らないほうがいいこと

「知らないほうがいいこともある」 この言葉が漫画や映画に出てくると、そのことを知ってしまうと事件に巻き込まれてしまうような気もするが、今書きたいのはそんな仰々しいことではない。 青い空の中を白い雲がゆっくりと動く。その下にはどこまでも続くよ…

4/16

昨日はとても満足した一日を過ごせて、今日はもう寝るだけかなと思っていた矢先に、後輩からお酒のお誘いがきた。外に飲みに行こうかなと思っていると、同回の酔っ払いが今から家に行っていいかと電話がきたのでうちの下宿で飲むことになった。 とりあえず3…

4/15 思い出

4月15日の15:30、自分は御蔭を少し北に行った鴨川のほとりに座っている。 例年だと雨などで散りがちな桜も、まだ満開に、憎いほどに綺麗に咲いている。この前研究室の先輩に聞いた話だが、出町柳より北の桜が見事なため、桜を切らなくても良いように京阪の路…

4/12

今日は輪講の予定だったが、准教授が用事のため出席できなくなり、来週の月曜日からになった。めちゃくちゃ予習してたのに悲しい。 桂キャンパス通いが始まって一週間。今まで8時半起きだったのが、いきなり7時前起きになり、慣れるのがとてもしんどい。しか…

4/9

最近色々あってあまりにも疲弊していたので楽しい日記を書こうと思う。 今日は実家でなかなかの頭痛でスタートした。両親に花見をしにいこうと誘われたが頭が重すぎて行けなかった。親不孝ものである。妹も履修を組むのが忙しいらしく両親2人と犬で出かけて…

4/8

昨日の夜は研究室の歓迎会で、飲み過ぎで反省している。 今日は研究室のハイキングだった。元々はガチの山登りをするはずだったのだが、雨だったため大原の観光になった。 四条河原町のバス停で集合したものの、大原行きのバスに乗ると出町柳を通った。何な…

4/6

今日は卒業研究のテーマ決めがあった。5人中1人が担当しなければならないシミュレーションを担当することになったものの、まぁ不安しかない。シミュレーションで良いことは、実験室に入らなくてよいので、衣類が汚れないことくらいだ。 プログラミング、シミ…

4/5 カタカナ表記

研究室2日目ですでに疲れがすごい。明日は卒論のテーマ決めである。土曜日も出勤しなければならなくなるような気がする。 音楽アプリで洋楽のアーティストがカタカナ表記になるのが気持ち悪く、iPhone自体を英語設定にしてから早半年。自分はどうしてもAvril…

4/4 淡い期待

今日から研究室が始まった。学科全体のガイダンスも終わっていないし、週明けの4/10から始まってくれるのではないかと淡い期待をしていた。現実はそう甘くはなかった。ライブも花見も行けない。めっちゃ悲しい。 明日から9時-17時(?)の生活が始まる。9時。早…

4/3 春休み

明日に研究室の初回の召集があるので、とりあえず今日が最後の春休みだったわけだが、今回の春休みはどうだっただろう。簡単に振り返っておく。 二月の初旬はご飯に行ったり、妹に勉強を教えたり後輩とお酒を嗜んだ。ここまでは順調だった。 中旬に成績が発…

4/2 幸せ

気持ち的には今日で春休みが終わりなので、生活習慣を戻すため早く寝ようと思ったが、全然寝られないのでこれを書いている次第である。 幸せとは何なのだろう。そもそも相対的なものなのか、絶対的なものなのか。それさえわからない。しかし、将来のために考…

4/1 始まり

自分の中の大学生活は三年前の四月一日に始まった。 前日に知り合っていたふみちゃんに加えて、チェリーボールでなんちゃんとくまに会い一緒に新歓を回ることになった。 そのメンバーの各々の友達を集めて、初めての酒を飲み、川に突き落とし落とされ、時計…

3/31 好きな歌詞②

前回の続きである。 生ハムと焼うどん 「ひゃくぱーせんと」(作詞 東理紗) 100%なんて無理だもん わかんないことがいっぱいあるよ 毎日が挑戦の繰り返しでさ 絶対大丈夫なんて 不確定な言葉を信じて そうしなきゃ 明日はやってらんないでしょ! 前半の歌詞も…