京都日記

日記です

4/3 春休み

明日に研究室の初回の召集があるので、とりあえず今日が最後の春休みだったわけだが、今回の春休みはどうだっただろう。簡単に振り返っておく。

 

二月の初旬はご飯に行ったり、妹に勉強を教えたり後輩とお酒を嗜んだ。ここまでは順調だった。

中旬に成績が発表されて、あまりの成績の悪さに吐くほどしんどい日々を過ごしていた気がする。そして成績発表の次の日に、和歌山の祖父母宅に友達を連れていちご狩りに行った。久しぶりにサークルの面々と会えて話せてとても楽しかったのだが、やはり成績のことが頭にちらつき所々暗い顔を見せていたかもしれないのは申し訳なかった。それでもその日何も予定がなければ本当に病むところまで病んでいただろうし、その点では楽しい予定が入っていて本当に良かった。

この病み期に関しては二人の人に本当に救われた。心配してくれたし、色々吐き出させてくれた。このことを忘れずに今後は勉学に精進しろよ自分。あと人に心配をかけないようにTwitterの使い方には気をつけようと思った。

下旬はほとんど実家にいて妹に勉強を教えていた。成績のことを忘れるにはちょうど良かった。25日には大阪に帰ってきた友達と会い大いに楽しんだ。

 

三月の初旬は初めて立誠シネマで映画を見て、残りはほとんどバイトだった。そして18切符を使って三人で茨城にあんこう鍋を食べに行った。道中の千葉で友達の実家に泊まらせてもらったが、本当に良いご家族だった。そう言えば旅行記まだ書いてない。忘れない間に書いとかないと。

中旬には妹の合格発表があり、結果には割とショックは受けたものの、本人が納得して後期で合格した大学に進学することになったから良かった。合格発表の次の日には後輩二人とねごとのライブに行った。やっぱりかっこいい。ライブ後にキャッチに捕まって居酒屋でお酒を割と飲んだから、次の日のTOEICを若干二日酔いで受けた。ついさっき結果を見たが60点も下がっていた。ありゃりゃ。それで次の日は上に書いた二人のうちの一人の人と飲んだ。ただただ楽しかったなぁ。15日は有馬温泉に行った。同じコースの友達が彼女と来ているのにたまたま遭遇して笑った。あと運転一人に任せちゃって申し訳なかったありがとうございました。

そして16日研究室決め。成績は81/87。いやいやすれすれ。でもまぁ物性の研究室に入れたから良かったんじゃないかな。ここで心がとても楽になった。次の日は上に書いたもう一人の人とRINGOでお酒を飲んだ。めっちゃ心配してくれてたみたいで申し訳なかった。将来のことなり色々なことを話した。とても有意義だった。そして先輩の追いコンもあった。ほとんどの先輩が院に進むので大学には残られるが、やはり節目として寂しさは感じた。でも皆さんお元気そうで何よりだった。次の日はバイト先の卒業パーティー。毎週のように会っていた子達と会えなくなるのは寂しかったが、皆とても良い顔をしていた。二人の子に手紙をもらったがジーンときて下宿で一人でちょっと泣いた。次の日は誘われて、夜は短しとコラボしていたムーンウォークに行った。コースターを集めるため飲みに飲んだ。後輩たちとゆっくり話せて良かった。23日は友人二人とW杯予選を見た。プロジェクターで見たので、スポーツバーみたいやと一人でこっそり喜んでいた。試合内容も良く大満足だった。25日にはBrian the Sunのライブに行った。対バンのアーティストもかっこよくて、Brianはもちろんかっこよかった。シングルのカップリングもちゃんと聴いておこうと思った。そこからバイト先の先輩の個人的な追いコンを挟み、バイトをして、実家で家族孝行して今に至る。

 

こう文章にしてみるとなかなか楽しい春休みをおくれたのではないだろうか。おそらくこれだけ長い長期休暇ももうこれからないだろうが、これがしたかった!みたいな後悔も特にないのでいい感じだった。あ、アミ○ーズは許さん。

 

春休みに関わってくれた人はありがとうございました。また遊んでください。会えなかった人にもまた会いたいなぁ。

 

明日から研究室。どんな生活が待ち受けているのか全く想像できないが、なんとかなるやろ。

 

 

 

P.S.

今日服を買いに行ったら、店員さんに

「カーキのアウターに淡いピンクのインナーの組み合わせがトレンドできます!」

って言われたけど自分の色彩感覚では全然ピンとこなかった。自分の感覚がおかしいのだろうか。